高島武彦(タカシマタケヒコ)のブログへようこそ!

豊島区☆池袋としま区民センター♪参加費1,000円ビジネス異業種交流会Vol.25☆

イベント詳細




☆池袋としま区民センター♪
参加費1,000円ビジネス異業種交流会Vol.25☆

『ハレザ池袋』内
としま区民センター/5F会議室☆
とても綺麗な会場です♪

【日 時】
3月31日(水) 19:00 - 21:00(2h)
※途中参加&途中退出ご自由にOK!

【会 場】 としま区民センター
5F会議室『505号室』
https://www.toshima-mirai.or.jp/center/a_kumin/
住所:東京都豊島区東池袋1-20-10
☆アクセス便利☆
池袋駅(東口)より徒歩5分

【参加費】 1,000円
※領収証の発行はございません。

【定 員】 40名様
※定員に達した場合、
告知なしに募集受付を
終了させて頂きますので
予めご了承ください。

交流会ではお名刺交換の他、
宣伝したいもののチラシ配布等もOK!

お名刺をお持ちでない方も
LINE交換などで参加者様同士
つながりやすいように主催者管理にて
LINEグループを作成させて頂いております。
※LINEグループ参加は
ご希望者のみ招待させて頂きます。

参加ご希望の方には
3/31参加者様のグループLINE(交流用)
を招待致しますのでお名前(漢字フルネーム)
とLINEIDを教えてください。


https://www.kokuchpro.com/event/744df5edb75f2dcaf3576331c6da3589/




高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区


豊島区のお店 残心

池袋駅5分◆産地にこだわる逸品の数々と多彩なお酒を、落ち着く空間で堪能。モニター付き個室有



調味料や素材にこだわる自慢の逸品をおもてなしの心でお届けする【残心】。北海道産ブランド牛を使用した「残心兜焼き」、自家製の角煮や手間暇かけて仕込んだカレーをぜひお召し上がりください。熊本の酒蔵で製造した当店オリジナル焼酎とご一緒にどうぞ◎また現在は席間隔の確保・従業員のフェイスガード着用など、感染症対策も徹底。デートやちょっとしたご宴会など、居心地の良い和空間にて素敵な時間をお過ごしいただけます。


公式ページ
http://www.zanshin.tokyo/

食べログ情報
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13172063/



高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区




東京都 豊島区 ホテルメトロポリタン



ホテルメトロポリタン(Hotel Metropolitan/Hotel Metropolitan Tokyo Ikebukuro)は、東京都豊島区西池袋にあるシティホテルである。JR東日本グループのホテルチェーン「JR東日本ホテルズ」のシティホテルブランドである「メトロポリタンホテルズ」の旗艦拠点である。

2007年に実施された東日本旅客鉄道(JR東日本)の経営方針『選択と集中』によるホテル運営会社再編で(当ホテル運営企業を存続会社とした)日本ホテル株式会社が運営している。

IHGのフランチャイズホテルとして、対海外向けにはクラウンプラザ メトロポリタン東京を英文にした名称が通常用いられていたが、2009年2月19日にワールドホテルズへの加盟が発表され、同年4月1日よりメンバーとなる。これに伴い、英文名称もHotel Metropolitan Tokyoに改名される。

高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

東京都 豊島区 巣鴨 の産業



巣鴨信用金庫

東京都中央卸売市場豊島市場

戦前は無声映画で知られた大都映画(のち大映に合併)の撮影所がある「映画の街」であった。撮影所は河合映画製作社などが使用していた時代を含めて1919~1942年にかけて使われ、旧朝日中学校跡のレンガ塀には「大都映画巣鴨撮影所」のプレートがある。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都 豊島区 池袋 西巣鴨町



西巣鴨町(にしすがもまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在した町の一つ。1918年(大正7年)に町制施行して誕生した。元の武蔵国豊島郡巣鴨村(すがもむら)。現在の東京副都心の一つである池袋が属していた。

奈良時代にはこの周辺は「武蔵国豊島郡湯島郷」と呼ばれていた。湯島郷は現在の豊島区西部、文京区、中央区北部南部あたりを占めるかなり広大な地域であった。

巣鴨の地名は古くから存在した。『武蔵国風土記』には足立郡巣鴨郷とあり、かつては足立郡に属した可能性もあるが、江戸時代までには豊島郡に属するようになった。古くは洲鴨、須賀茂、須賀母、菅面、洲處面などとも書いたが、徳川吉宗により「巣鴨」に統一された。巣鴨村は江戸時代には戸田領に属した。さらに巣鴨村に属する地域のうち、中山道に接する地域は早くから町として発展し、1737年(元文2年)には巣鴨町上組・中組・下組として独立した。

明治時代当時最も賑わっていたのは大塚駅周辺で、東京府でも屈指の繁華街であった。池袋駅周辺が発展を見せるのは戦後である。特に関東大震災以降、東京市内からの移住者で人口が急増し、10万人を突破するまでになった。

町役場は時習尋常高等小学校内にあった(後に帝京平成大学池袋キャンパスが所在)。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都豊島区池袋の演劇と映画の街(主な劇場)



池袋は、新宿、下北沢、銀座に次いで劇場の数が多い演劇の街であり、演劇・ミュージカルの専門学校、舞台芸術学院もあり、多くの俳優を輩出している。

主な劇場

東京芸術劇場
    元、東京学芸大学(旧豊島師範)附属豊島小学校の跡地に、建てられ、大中1つと小2つの計4ホールと展示ギャラリーなどから構成される。大ホールはオーケストラ中心のコンサート専用ホールで、客席数は1999。フランス/マルク・ガルニエ社製の世界最大級のパイプオルガンがあり、ルネッサンス、バロック、モダンの3時代それぞれの当時の調律法で演奏可能である。中ホールは客席841で、本格的演劇、オペラ、バレエなどが主に上演される。2つの小ホールは、それぞれ客席300で多目的ホールとして活用されている。西口駅前徒歩1分。

サンシャイン劇場
    客席数832。東口サンシャインシティ内。徒歩10分。

シアターグリーン

    渋谷ジァン・ジァン、下北本多劇場などと並ぶ若手劇団の登竜門。大中小3ホールからなる。東口徒歩3分。

池袋小劇場
    客席数80。劇団と同名。西口徒歩5分。

池袋演芸場

    国内に現存する5つの常設寄席の一つ(都内に4つ、大阪に1つ)。西口徒歩3分。

また、池袋は郊外のシネマコンプレックスに押され気味なものの豊島区屈指の映画館の集積地である。東口線路沿いの文芸坐は新文芸坐として、遊技場を加えた娯楽集積施設として新装営業している。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都豊島区の高等学校

都立

■千早高等学校
■豊島高等学校
■文京高等学校

私立

■学習院高等科 ※中高併設
■川村高等学校 ※中高併設
■十文字高等学校 ※中高併設
■淑徳巣鴨高等学校 ※中高併設
■城西大学附属城西高等学校 ※中高併設
■昭和鉄道高等学校
■巣鴨高等学校 ※中高併設
■巣鴨商業高等学校
■豊島岡女子学園高等学校 ※中高併設
■豊島学院高等学校
■豊南高等学校
■本郷高等学校 ※中高併設
■立教池袋高等学校 ※中高併設
■鹿島学園高等学校通信制課程東京校
■飛鳥未来高等学校池袋キャンパス
■八洲学園高等学校池袋キャンパス

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦