高島武彦(タカシマタケヒコ)の 豊島区 情報ブログへようこそ!

家系

家系や血統主義は、封建的社会で発生し、洋の東西を問わず広く普及していた概念であった。

家族は、社会の最小の単位であり個人が所属する共同体では、もっとも身近な物で国家や会社、他の組織・集団から抜けることは出来ても家族から抜けることは常識的には困難である。このため家は、個人の人格に付属するもっとも重要で本質的な部分と見做された。ここから人間は、生まれた家族によって身分や地位が固定化され、様々な権利や財産も家系によって継承された。特に前近代的な社会においては、家系がそのまま社会の身分階層を構築した。現代においても一部の国家では家系がそのまま個人の社会的身分を決定する要素として法的に認められている。

まず有史以前において、確かではないものの人間は社会性を獲得し、集落など共同体と集団生活を始めた。その集団の最小のものが家族であった。そこで集団全体の共同財産とは、別に親の持ち物は子供に受け継がれていくことが習慣的に定まった。また、どのような集団にもリーダーが存在した。そのため古代において指導者の地位は、選挙による民主主義をとる集団を除いて、父系または母系により形成された家により世襲に基づく継承がなされていった。さらに指導者の地位に限らず相続により各家族は、親から子へ社会的役割を引き継ぐようになり、それらが階級や家業として固定化された。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦