高島武彦(タカシマタケヒコ)のブログへようこそ!

東京都豊島区池袋の演劇と映画の街(主な劇場)



池袋は、新宿、下北沢、銀座に次いで劇場の数が多い演劇の街であり、演劇・ミュージカルの専門学校、舞台芸術学院もあり、多くの俳優を輩出している。

主な劇場

東京芸術劇場
    元、東京学芸大学(旧豊島師範)附属豊島小学校の跡地に、建てられ、大中1つと小2つの計4ホールと展示ギャラリーなどから構成される。大ホールはオーケストラ中心のコンサート専用ホールで、客席数は1999。フランス/マルク・ガルニエ社製の世界最大級のパイプオルガンがあり、ルネッサンス、バロック、モダンの3時代それぞれの当時の調律法で演奏可能である。中ホールは客席841で、本格的演劇、オペラ、バレエなどが主に上演される。2つの小ホールは、それぞれ客席300で多目的ホールとして活用されている。西口駅前徒歩1分。

サンシャイン劇場
    客席数832。東口サンシャインシティ内。徒歩10分。

シアターグリーン

    渋谷ジァン・ジァン、下北本多劇場などと並ぶ若手劇団の登竜門。大中小3ホールからなる。東口徒歩3分。

池袋小劇場
    客席数80。劇団と同名。西口徒歩5分。

池袋演芸場

    国内に現存する5つの常設寄席の一つ(都内に4つ、大阪に1つ)。西口徒歩3分。

また、池袋は郊外のシネマコンプレックスに押され気味なものの豊島区屈指の映画館の集積地である。東口線路沿いの文芸坐は新文芸坐として、遊技場を加えた娯楽集積施設として新装営業している。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦