高島武彦(タカシマタケヒコ)の 豊島区 情報ブログへようこそ!

豊島区立元池袋史跡公園



豊島区立元池袋史跡公園(としまくりつもといけぶくろしせきこうえん)は、東京都豊島区西池袋にある公園。

■  1998年4月開園。
■  弦巻川の水源の池である丸池(袋池とも)を擁した元池袋公園が、現在の池袋デュープレックスタワーの敷地内にあったが、下水道工事のための土地交換により廃止され、それに伴い丸池も完全に埋め立てられた。しかし、池袋の地名の由来とされる丸池が存在したことを後世に残しそれを偲ぶため、東に隣接する現在の地に"史跡"公園として再び開園した。
■  弦巻川は丸池に端を発し、びっくりガード南側 - オリナスふくろうの杜南側 - 鬼子母神北側 - 東京音楽大学南側 - 不忍通り - 音羽通り - 江戸川橋駅 - 神田川と流路を作っていた。
■  文京区目白台と豊島区雑司が谷との区界も兼ねており現在は弦巻通りとして暗渠になっている。菊池寛の旧宅も流域にあり日本大学豊山高等学校に向かって大塚先儒墓所付近からの流水と合流する。
■  成蹊学園の創立の地でもあり記念碑が建っている。
■  園内は夜間ライトアップされるので公園というより装飾建築に近い。また旧丸池の跡にちなみ小さな噴水が整備されている。障壁はなくベンチも少ない。東側にメトロポリタンプラザがあるので車の混雑も激しい。滞在するのは北側の池袋西口公園のほうが適している。

高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

豊島区 グルメ 池袋ぱすたかん

こだわり抜いたふっくらアツアツの絶品お好み焼き♪野菜たっぷりのオリジナルソースで是非!



東池袋駅から徒歩3分、サンシャインアルパ内なのでお買い物帰りにも便利な場所にあります♪当店のお好み焼きは最高品質の小麦粉を使用し、これまでにないふっくらふわふわな食感を実現しました!こだわりのオリジナルソースは、野菜をたっぷり使用し濃厚で深みのある味わいです。お好み焼きも付いた宴会コースは、飲み放題付で3000円からございます!江戸情緒な雰囲気の店内には、池袋の昔ばなしが壁画になっております。池袋の地名の由来なども書かれているので、お好み焼き・鉄板焼きやもんじゃを囲みながら、昔ばなしを見てお楽しみいただけます。個室は18名様迄ご利用可能です。お好み焼きは、是非当店で!スタッフ一同心よりお待ちしております!

食べログ情報
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13035348/



高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

豊島区 グルメ イルキャンティ・オヴェスト

忘年会・新年会に最適★新パーティープランスタート!!池袋西口で20年の老舗イタリアン!




古木を使ったインテリアとカウンター越しに見える賑やかなキッチン。そこはまるでイタリアの街角。池袋東口で20年。魔法の雫といわれるドレッシングと1800円から選べるコスパ最強のイタリアボトルワインで皆様に愛されます。オリジナリティ溢れるメニューやザ・イタリアンなメニューまで120種類以上をご用意。心も身体も温まるおもてなしで皆様をお待ちしております。
★簡単ご予約可能なネット予約は公式HPから★


食べログ情報
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13005592/





高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

豊島区のお店 残心

池袋駅5分◆産地にこだわる逸品の数々と多彩なお酒を、落ち着く空間で堪能。モニター付き個室有



調味料や素材にこだわる自慢の逸品をおもてなしの心でお届けする【残心】。北海道産ブランド牛を使用した「残心兜焼き」、自家製の角煮や手間暇かけて仕込んだカレーをぜひお召し上がりください。熊本の酒蔵で製造した当店オリジナル焼酎とご一緒にどうぞ◎また現在は席間隔の確保・従業員のフェイスガード着用など、感染症対策も徹底。デートやちょっとしたご宴会など、居心地の良い和空間にて素敵な時間をお過ごしいただけます。


公式ページ
http://www.zanshin.tokyo/

食べログ情報
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13172063/



高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区




東京都 豊島区 ホテルメトロポリタン



ホテルメトロポリタン(Hotel Metropolitan/Hotel Metropolitan Tokyo Ikebukuro)は、東京都豊島区西池袋にあるシティホテルである。JR東日本グループのホテルチェーン「JR東日本ホテルズ」のシティホテルブランドである「メトロポリタンホテルズ」の旗艦拠点である。

2007年に実施された東日本旅客鉄道(JR東日本)の経営方針『選択と集中』によるホテル運営会社再編で(当ホテル運営企業を存続会社とした)日本ホテル株式会社が運営している。

IHGのフランチャイズホテルとして、対海外向けにはクラウンプラザ メトロポリタン東京を英文にした名称が通常用いられていたが、2009年2月19日にワールドホテルズへの加盟が発表され、同年4月1日よりメンバーとなる。これに伴い、英文名称もHotel Metropolitan Tokyoに改名される。

高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

東京都 豊島区 巣鴨 の産業



巣鴨信用金庫

東京都中央卸売市場豊島市場

戦前は無声映画で知られた大都映画(のち大映に合併)の撮影所がある「映画の街」であった。撮影所は河合映画製作社などが使用していた時代を含めて1919~1942年にかけて使われ、旧朝日中学校跡のレンガ塀には「大都映画巣鴨撮影所」のプレートがある。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都 豊島区 池袋 西巣鴨町



西巣鴨町(にしすがもまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在した町の一つ。1918年(大正7年)に町制施行して誕生した。元の武蔵国豊島郡巣鴨村(すがもむら)。現在の東京副都心の一つである池袋が属していた。

奈良時代にはこの周辺は「武蔵国豊島郡湯島郷」と呼ばれていた。湯島郷は現在の豊島区西部、文京区、中央区北部南部あたりを占めるかなり広大な地域であった。

巣鴨の地名は古くから存在した。『武蔵国風土記』には足立郡巣鴨郷とあり、かつては足立郡に属した可能性もあるが、江戸時代までには豊島郡に属するようになった。古くは洲鴨、須賀茂、須賀母、菅面、洲處面などとも書いたが、徳川吉宗により「巣鴨」に統一された。巣鴨村は江戸時代には戸田領に属した。さらに巣鴨村に属する地域のうち、中山道に接する地域は早くから町として発展し、1737年(元文2年)には巣鴨町上組・中組・下組として独立した。

明治時代当時最も賑わっていたのは大塚駅周辺で、東京府でも屈指の繁華街であった。池袋駅周辺が発展を見せるのは戦後である。特に関東大震災以降、東京市内からの移住者で人口が急増し、10万人を突破するまでになった。

町役場は時習尋常高等小学校内にあった(後に帝京平成大学池袋キャンパスが所在)。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都豊島区池袋の演劇と映画の街(主な劇場)



池袋は、新宿、下北沢、銀座に次いで劇場の数が多い演劇の街であり、演劇・ミュージカルの専門学校、舞台芸術学院もあり、多くの俳優を輩出している。

主な劇場

東京芸術劇場
    元、東京学芸大学(旧豊島師範)附属豊島小学校の跡地に、建てられ、大中1つと小2つの計4ホールと展示ギャラリーなどから構成される。大ホールはオーケストラ中心のコンサート専用ホールで、客席数は1999。フランス/マルク・ガルニエ社製の世界最大級のパイプオルガンがあり、ルネッサンス、バロック、モダンの3時代それぞれの当時の調律法で演奏可能である。中ホールは客席841で、本格的演劇、オペラ、バレエなどが主に上演される。2つの小ホールは、それぞれ客席300で多目的ホールとして活用されている。西口駅前徒歩1分。

サンシャイン劇場
    客席数832。東口サンシャインシティ内。徒歩10分。

シアターグリーン

    渋谷ジァン・ジァン、下北本多劇場などと並ぶ若手劇団の登竜門。大中小3ホールからなる。東口徒歩3分。

池袋小劇場
    客席数80。劇団と同名。西口徒歩5分。

池袋演芸場

    国内に現存する5つの常設寄席の一つ(都内に4つ、大阪に1つ)。西口徒歩3分。

また、池袋は郊外のシネマコンプレックスに押され気味なものの豊島区屈指の映画館の集積地である。東口線路沿いの文芸坐は新文芸坐として、遊技場を加えた娯楽集積施設として新装営業している。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都豊島区の高等学校

都立

■千早高等学校
■豊島高等学校
■文京高等学校

私立

■学習院高等科 ※中高併設
■川村高等学校 ※中高併設
■十文字高等学校 ※中高併設
■淑徳巣鴨高等学校 ※中高併設
■城西大学附属城西高等学校 ※中高併設
■昭和鉄道高等学校
■巣鴨高等学校 ※中高併設
■巣鴨商業高等学校
■豊島岡女子学園高等学校 ※中高併設
■豊島学院高等学校
■豊南高等学校
■本郷高等学校 ※中高併設
■立教池袋高等学校 ※中高併設
■鹿島学園高等学校通信制課程東京校
■飛鳥未来高等学校池袋キャンパス
■八洲学園高等学校池袋キャンパス

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

超革命的中学生集団

『超革命的中学生集団』(ちょうかくめいてきちゅうがくせいしゅうだん)は、平井和正のハチャハチャSF小説。略称は超革中。

学習雑誌『中一時代』(旺文社)1970年4月号から同年10月号に『革命的中学生集団』のタイトルで連載された。題名は新左翼の革命的共産主義者同盟のパロディ。

1971年には朝日ソノラマのジュヴナイル小説叢書の「サンヤングシリーズ」から単行本化された。1974年6月にはハヤカワ文庫SF、1976年9月には角川文庫から再刊されている。『中一時代』掲載時の挿絵は北村脩、朝日ソノラマ版とハヤカワ版の表紙、挿画は永井豪、角川版の表紙、挿画は生頼範義が描いている。

2003年には『超人騎士団リーパーズ』と改題し、大幅改稿を行った版が青い鳥文庫fシリーズ(講談社)から刊行されている。こちらの表紙は加藤伸吉。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦